カーリング
応援企画

『Curler Drive』

カーリング
応援企画

『Curler Drive』

Winter Olympic Gamesの興奮覚めやらぬカーリングの聖地「常呂町」を応援するVintage Maniacsの新企画、いよいよ登場!

ザック・ワイルド・モデルのエフェクター『ZW-44 WYLDE OVERDRIVE』に特殊エフェクト(ヤップブースト)を搭載した、カーリングファン必携のエフェクターです。

カーラードライブとバーカウンター カーラードライブとバーカウンター
Vintage Maniacs Curler Drive

Vintage Maniacs(VM)AF…といっても、エイプリルフール。

Fukazawa Vintage Club(FV)あいかわらず凝ったことやってるね、毎年。

VM今年はさらにスケールアップしてますよ。

FV個人的に好きだったのはメダリオンVだな。前回のオリンピックの時だっけ?

ソチ五輪スペシャル・ゴールドメダルV

VMVintage Maniacsはスポーツ好きのスタッフが多いですからね。いつかMotoGP企画のギターパーツが発売されるんじゃないかってハラハラしています。

FVドキドキだろ?

VM反応がすごかったのは、マルチノブのレスポールと、ウルトラワイド・ピックアップです。

Z-TopとE-Topピックアップ

FVあれは海外で「こんな改造をやっているギタリストがいる。ファッキン・スゲーぜ!」みたいに盛り上がりすぎて、エイプリルフール企画だってなかなか言いだせなかったね。Twitterでむちゃくちゃ反応してたし。

VMシンプルで洒落が効いてたのは『UP to Eleven Knob』でしょう。もちろん、ロキュメンタリー映画「スパイナルタップ」に登場したマーシャルノブのパロディです。ノブの画像はちゃんとヴィンテージ。

Up to Eleven仕様のハットノブ

FV「発売はいつですか?」って問い合わせが入った時は、ちょっと申し訳なかったな。

VMジョー(ボナマッサ)さんから「4個買いたい」ってメール来てましたね。どうしましょう。

VMで、今回の企画です。カーリングでLS北見が日本初のメダル獲得に沸いている最中に、あれやこれやとデザインをしていたら、Zack Wylde大先生のレスポールとかが“カーリングのハウス”に見えてしまうわけです。

FVわかるわかる。私なんかバウムクーヘンもハウスに見えるし、信号の赤と黄色はストーンに見えて…。日常生活中カーリングの結果が気になって仕事が手につかなかった。

VM最初はPhotoshopでギブソンのザック・ワイルド・モデルをこんな感じでハウスに見立てて作ってみたんです。

カーリング風ギター

FV毎回フォトショだと“なんでもできちゃうよ”って感じでインパクトがないよな。アイデア勝負で、工芸的な努力が見えない。

VMそんな努力、エイプリルフールに必要ですか?

FVあったり前田のクラッカー(笑)

VMまあ我々としては、そんなこんなで、MXRから出ているZack Wyldeモデルを改造することにしました。

FVでも現行のオーバードライブ(ZW44)はデザインがカーリングのハウスっぽくないだろ?コーラス(ZW38)もロゴが絵柄にかぶっててハウスっぽくない。

VMアンプ音痴なのに、よくそんな細かい事しってますね。ですから今回の企画には初期タイプのデザインが 不可欠で探し回りましたよ。プレミアがついて結構高かったです。

FV買ったのか、わざわざ。

VMカーリングストーンのミニチュアも購入しました。大きさがギターのノブと同じぐらいで、しっくりきますよ。

コントロールノブとカーリングストーンのミニチュア

FVじゃあ、ちょっと製作工程を画像で見せてもらおうか。

改造前のZW44オーバードライブ ミニチュアストーンに穴を開ける カーリングストーンの塗装 ボディに貼るステッカーの製作

VMちゃんとステッカーを作ってボディに貼って、ミニストーンに穴を開けてノブとして使えるようにしました。褒めてください。

FVで、どんなエフェクト効果を搭載しているのかね?

VMとりあえず“ヤップブースト”でいかがでしょう(笑)

FVとにかく、この拘りは一貫したヴィンテージ・マニアクスの思想だな。

VMうーん、思想というより迷走かなあ。

FVそれはそうと、ちゃんと新製品やってる?

VMもちろんです。エイプリルフールのネタ作りに何日もかけていられませんから。

FV何日かけたの?

VM水曜と金曜、そして土曜日の午前中です。だから2.5日(笑)

FVこの機会に、新製品の告知しておきなよ。

VMはーい。まずは、ギブソン・オーナーには嬉しい『インチスペックのスクリューセット』です。ネジが必要なときに「あれ、無いぞ!」って、困る事多いですよね。このセットは使用頻度の高いネジを集めていますので便利です。箱や袋にもノスタルジックでレトロなテイストを織り込んでおりますので、パーツボックスに入れておいても、ギターケースのポケットでも、存在感抜群です。

  • Truss Rod Cover
  • Tuning Peg (Nickel)
  • Tuning Peg (Gold)
  • Pickguard/Back Panel (Nickel)
  • Pickguard/Back Panel (Gold)
  • Pickguard Bracket
  • Humbucker Pickup Ring (Short)
  • Humbucker Pickup Ring (Long)
  • Humbucker Pickup Height (Nicklel +)
  • Humbucker Pickup Height (Nicklel -)
  • Humbucker Pickup Height (Gold +)
  • Single Coil Pickup
  • Humbucker Pickup Spring
  • Pot Washer
  • Pot Nut
  • Compensated Bridge
  • Maestro Vibrola Cover
  • Truss Rod Nut

FVロングヴァイブローラのサイドスクリューなんてコアだな。個人的に嬉しいのはコンビネーションブリッジのイモネジ。これって、Fender Jazz Bass USAのサドル高調整ネジと同じ溝スペックだけど、フェンダーのパーツは頭がマイナスなのでしっくりこないんだよ。

VMスクリューには拘っていきますよ。ScrewFactoryをよろしくお願いいたします。

FVShrinklusonどうなってるの?再発売、待ってるんだけど。

VMいま頑張ってます。Pat刻印とかエイジングとか。なんせ時間と手間がかかるんです。再発売はゴールデンウィーク明けをめざしております。

FVArea59パーツの限定販売もその頃かな。

VMはい!ぜひぜひ、お楽しみに。あと、ちょっと工夫したエボニーブロックも企画してまーす。

サイトナビゲーション
記事カテゴリー
記事をタグで検索
Vintage Maniacs Official Shop
#vmhangout