Dead Stockという遺物 - アメリカのヴィンテージ・ギターショー

ナッシュビルのギターショーで山ほどのギブソンパーツを持参した出展者がいました。彼はギブソン工場の物流部門のマネージャーで「カラマズー工場から輸送してきたパーツの引き取り手を探している」というのです。

Greenwoodの田舎町で愛車944とのショット。質屋まわりが週末のルーチンでした。

1989年に渡米して、南部の田舎町「Greenwood(S.C.)」でコツコツと駐在業務をこなす日々の私に、アメリカのカルチャーとロックとモノづくりを感じさせてくれたのが、ヴィンテージ・ギターショーでした。そのころは毎月一回は大きなショーがいろんな都市で開催されていて、有名なものはテキサスギターショーから、小さいものだとアトランタ郊外のシビックセンターを借りた会場まで、さまざまな規模で楽しめたのです。

意外かもしれませんが、60年代のSGや70年代のフライングVはヴィンテージというよりも中古扱いで、おおよそ700~900ドルぐらい出せば、オリジナルハードケース付属のコンディションが良いものをオーナーから譲ってもらうことができました。岩撫安彦氏がPlayer Magazineでレポートしていた風景そのものに、貴重なギターが所狭しと並んでいたのです。

フルオリジナルで美しいフレイムメイプルのレスポール59バースト、24,000ドルなり。この娘は愛想もよくてキュートでした。
この頃はSGならなんでも550ドルとか890ドルとか、フルオリPAFなら2,000ドル。値付けも適当でした。
88年のPRSと67年のフルオリ・ストラトが同じような値段…

その中でも思い出深いのが、ナッシュビルで開催された中規模のショーです。

ナッシュビルのギターショー。会場近くにもちょっとした看板が出ていました。
ナッシュビルに移ったばかりのギブソンも工場スタッフが小さなブースを出展していて、コリーナのエクスプローラー・プロトタイプやパーツなどが展示されていました。
ナッシュビルらしいテレキャス中心のブース。親子連れが多いのもアメリカのギターショーらしい風景です。

ハンドメイドのエレクトリックギターから戦前のマーチンまで、幅広いジャンルの楽器に混じって、山ほどのギブソンパーツを持参した出展者がいました。彼はギブソンのナッシュビル工場でS/H Division(物流部門)のマネージャーをしている人物で、いろいろ話をしながら仲良くなると、「カラマズー工場から輸送してきたパーツで、ナッシュビル工場では使わないものが、コンテナ6本分あるんだ。引き取り手を探している」と言うのです。たしかに彼が出しているブースのテーブルには、60年代のニッケルパーツや、配線、作りかけのネックなどが並べられていて、12ドル、66ドル、295ドルなど根拠のないプライスタグがつけられていました。あまり価値には頓着していなかったのでしょう。

私は彼の持っている写真を見て、その内容に狂喜しました。一緒にいたクロフォード・ホワイト(ナッシュビルを本拠としたインディペンデント・ブローカー)も同様です。作りかけのネックやボディのテンプレート、ピックアップと思しきハードウェアの数々。中にはミシガンのナンバープレートまで入っています。

ミシガンのトラックナンバー。1959年と記載されています。

詳細は彼もわからないとのことですから、一応ギャンブルですね。1011から1016までの番号がふられたコンテナを、「中身はそれぞれ違うけど、まあ1本7,000ドルでどうか?」というのです。しっかりとした在庫リストもないままに、私が4本、クロフォードが2本買うことを決めて、コンテナを保管するヤードも地元のトラック業者と契約しました。中身は出たとこ勝負です。もちろん7,000ドルをかなり価格交渉して下げてもらいました。

次回(ヴィンテージ・ギブソンのピックアップ・デッドストックパーツ)より、コンテナに入っていたパーツの中から未使用のダブルスタンドワイヤー、ピックアップ、ピックアップカバー、未メッキのベース用フェンス、ストラップピン、フレットなどを前後編に分けてご紹介します。

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

目指したのはPAFっぽい音ではなくPAFそのままの音

Vintage Maniacsが知見を結集しプロデュースする、ヴィンテージ・レプリカ・ハムバッカー「Hysteric PAF」。伝説のPAFサウンドをあなたへ!

ショップで見る
サイトナビゲーション
記事カテゴリー
記事をタグで検索
Vintage Maniacs Official Shop