Lap around コリーナの憧憬

コリーナ好きでも高額なFVやEXを何本も所有するわけにはいきませんが、ラップスティールは手頃な価格で手に入れることができます。コリーナの魅力を堪能できるギブソンのコリーナ・ラップスティールを、パーツを中心にじっくり見ていきます。

美しい木目のコリーナ材

(Photo: Courtesy of Joe Bonamassa)

ヴィンテージギター・マニアの間で「Korina」といえば、フライングVやエクスプローラーに代表される、希少でレアなモデルに使われた黄色っぽいカラーの木材でしょう。この木材がもともとLimba-woodと呼ばれていたのは、Wood Database に記載されているとおりです。

西アフリカ原産のこの木材には、「Terminalia superba」や「Superb Terminalia」等の呼称がありましたが、みなさんにとって、よりポピュラーなのは「Limba」や「Afara Korina」で、特に家具や楽器に使用されるときは「コリーナ」と呼ぶのが一番通りが良かったみたいですね。

このカタログでも、ギブソンは「High quality natural Korina finish」と記載していて、「コリーナ材と、木目の美しさを引き立たせるためのナチュラル・フィニッシュ」はセットだったことを匂わせています。冒頭のラップスティールを6弦にコンバージョンしたようなギターは、ジョー・ボナマッサ所有のモデルですが、ここでもゴールデン・ナチュラルとでも呼びたくなる美しいナチュラル・フィニッシュが施されています。

ギブソンのコリーナ・ラップスティールギター

最近の音楽シーンにラップスティールが登場する場面は、以前ほど多くはなくなりましたが、ナッシュビルのライブカフェに立ち寄ると、今でもクリーンなトーンを奏でる往年のFenderやGibson製ラップスティールの軽やかな音色を楽しむことができます。私はラップスティールは演奏できませんが、この「Korina Lapsteel」は大好きです。見ているだけで音が聞こえてきそうですね。

そもそもKorinaという呼称は、リンバウッドを化粧板として家具に使用していたメーカーの商品名だったという話も聞いたことがありますが、それだけ木目の美しい木材だったということです。ギブソンのフライングVでもエクスプローラーでも、フシや木目、導管が黒や茶色に汚れたものは使われておらず、美しいグレインを誇っています。

1982年にギブソン社が突然コリーナ材を使ったギター製作を再開したのには驚きました。フライングVがセンター2ピースではなかったり、エクスプローラーが1Pでなかったり、モダーンはよくわからなかったり(1Pのモダーンを見たことがあります)で、58年当時のままというわけにはいきませんが、なんせ久しぶりの「Korina」というウッドマテリアルの登場に、業界は色めき立ったのでした。

コリーナ好きというか、相当なマニアでも、高額なFVやEXを何本も所有するわけにはいきませんが、手元に置いて眺めるのに手頃価格で絶好なのがラップスティールでした。

なによりも、ヘッドのレイズドロゴがかっこいいです。これはもう目が眩むほどです。なんといっても、ヴィンテージのフライングVと同じパーツなのですから!

この「樹脂製ロゴ」は3本足でヘッドに差し込まれていて、意外と簡単に外れます。

ところで、美しいコリーナウッドを使ったギターでコレクターを驚かせたのが、日本の「バッカス」です。筆者も何本もコレクションしています。写真に登場するフライングVもバッカス製で、本体の厚みがGibson社製よりも若干薄く、軽量で取り回しが良いので大好きです。

メンテナンスのしやすい設計のコントロールプレート

コントロールプレートは1枚の金属です。その上にすべてのパーツが搭載されてるのが驚きで、簡単に外せます。

これは、工場でアッセンブルするのも楽ちんだし、メンテナンス適性も抜群です。設計者、天才ですね。キャビティ内の文字は例のごとく読めません…。

おしゃれなブラックボタンの3連クルーソン

ギブソンのおしゃれ感が炸裂しているのがペグのボタンです。クルーソンの3連といえばホワイトボタンがスタンダードですが、ここではブラックが採用されているのです。

取り外してみても通常の3連クルーソンで、ボタン色以外は同一仕様、わざわざラップスティールのためのブラックボタンと考えられますね。

さて、私は以前から「コリーナのキュートなゴールドカラーには、ホワイトボタンのほうが似合うはずだ」と思っていたのですが、良い機会なので取り替えてみました。

やってみてわかったのですが、膨張色の白は、コンパクトなラップスティールのヘッドストックに似合わなかったです。

しかし、わざわざ「部長、白ボタン付けてみたらヘッドが大きくて不細工なので、ここはひとつ、なんていうか、特別にクルーソンに黒ボタンを発注してもいいっすかね?」って聞かれて「いいよ」って返事するほうがどうかしてます。それだけ当時のギブソンには、アーティスティックに「工業デザインとしてのカラーリング」に拘った人がいたのだと勝手に想像しています。

シリアル、リフレクターノブ、ピックアップ

シリアルは、塗装の上から「乱暴に打刻」してあって、ここだけ見るとギブソンっぽくないと思いませんか?

そのほか、細部を見ていくと、ブラックのリフレクターノブは60年代スペック。

ピックアップやスクリューはメロディーメーカーからの流用でしょうか。

流用されたネジと見たことのないネジ

ピックアップの後方には、弦を止めるテールピースがプレートにネジ止めされています。

ギブソンは、あまりネジの流用をしないのですが、このテールピースを止めているネジが結構ひ弱なので、チェックしてみると、ピックアップを止めるネジと同じでした。ギブソンらしくないです。

左2本がピックアップスクリューで、右の1本がテールピース用です。まさか60年後に「こんなチマチマした指摘」を遠い東洋の異国でされるとは思わなかったでしょうが、ネジの共通性はアフターパーツの入手でも、非常にユーザーフレンドリーな考え方だと思います。

ちなみに、ブリッジカバーのネジは「見たことのないネジ」なので、共通部品ではなさそうです。このあたりもPUネジで良かったのではないかと…。

ホワイトトーレックスのハードケース

そんなこんなで、いろんな発見が多い「コリーナ・ラップスティール」でしたが、カラーに拘っているのは本体だけではありません。ハードケースは、ギブソンにはめずらしい「ホワイトトーレックス」でした。

ギブソン・バッジがかっこいいですね。ハンドルとかラッチは当時のブラウンケースと同じですから、ケースの外張りもブラウンで良かった気もしますが、これはコダワリでしょうか。

というか、よく見ると「ブラウンケース」というよりはフェンダーっぽいですね。

ケースに当時のスライドバーが入っていたり、相変わらずタイムスリップ的なコンディションの一本ですが、とにかく「クルーソンのつまみは黒か白か」、人気投票したい今回の撮影でした。

白黒?人気投票受付中 白と黒、どちらのツマミの色が好きかご投票ください。投票していただいた方の中から抽選でVintage Maniacsオリジナルグッズをプレゼントいたします。
投票受付期間:7/31(金)~8/31(月)

 次に読むなら

ヴィンテージ・レスポールっぽい楽器 - Gibsonラップスティールギター
フルオリジナルで貴重なコンディションのコンソール・グランデを紹介。ファンにとっては「レスポールっぽいもの」にあこがれ続ける…それがギブソンなんですよねえ。

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

Vintage Maniacs Magazine Vol. 1

Vintage Maniacsのブログに著者コメントを追記し、編集・再構成した「Vintage Maniacs Magazine」。全ページフルカラー仕様で、資料としてもオススメです。Vintage Maniacsが切り込むディープでマニアックなヴィンテージギターの世界をお楽しみください。

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ