ギブソンのロゴ入りピックアップカバー

VM(Vintage Maniacs)ギブソンの歴代ピックアップカバーを見ていると、時々思い出したようにGibsonロゴが入りますね。

FV(Fukazawa Vintage Club)70年代頃からかな。日本製のコピーやリプレイスメント・パーツの台頭に業を煮やしてってところじゃないか?

VM市場に登場した順番はあまりはっきり覚えていないけれど、たぶんTトップ・ハムバッカーのクロームカバーに大きくエンボス加工されたのが最初でしょうか。

FVそうそう、これはさっそくグレコとかがコピーしたので良く覚えているよ。フロント用とリア用でGibsonロゴの向きが違っていて、ペアでないと使えないっていう難点があるよ。

VMみんな苦労しますよね。特に70年代はピックアップカバーを外すのが流行したせいで、ヴィンテージでもピックアップカバーがついていないギターが多い印象です。

FVカスタムのゴールドになると、ほとんど入手困難だなあ。70年代のSGカスタムに搭載されてたやつだ。

VM私の記憶では、①ゴールドのフルサイズ・ハムバッカー、②クロームのフルサイズ・ハムバッカー、③クロームのミニハム、④ニッケルのミニハム、⑤クリームのP-90、⑥ブラックのP-90、⑦プラスチックのシングル・メロディーメーカー用とありますね。

FV確かEBベースに搭載されていたクロームのハムバッカーにも刻印ロゴがあったんじゃないか?

VMさすがベーシスト(笑)次のカタログのCとDですね。

FV個人的に一番好きなのは、71年のLes Paul Standard Reissueとかに搭載されていたクリームのP-90だな。

VM同じ時期のLes Paul Special 55-77には、同じスペックでブラックのバージョンがありました。先ほどのカタログのAです。

FV君も細かい事覚えてるねえ。メタルカバーのP-90に刻印ってのもあったよ。これは、SG Ⅰとかのバージョンだな。さすがにこれはフロントとリアが同じだ(笑)

VMしかし、ギブソンもアフターパーツがすごく面倒くさくなるのがわかっていてよくやりましたね。

FVまあここまで来るとコピー製品と明確に見分けてもらいたいという、顧客への配慮もあるんだろう。次の写真の下側、ミニハム刻印はすごくキュートだよ。ファイヤーバードのミニハムもロゴがあるとかっこいいぞ。

VMあ、ホントだ。ロゴがあるのと無いのでは、すごく印象が違いますよ。

FVベースで思い出したが、これは記憶している人も多いだろう、ローインピーダンス。

FVで、こっちがギターバージョン。

VMおおおおお!

FVそんなにびっくりするなよ。

VMいや、違いますよ。SGのピックガード・アッセンブリーが、むちゃくちゃ格好良いじゃないですか。

FVもういちどロゴありとロゴ無しを比較してみよう。どっちが好きだい?

VMうーん「イタシカユシ」ですね。

FVそれを言うなら「ニタリヨッタリ」だろ?(笑)

VMメロディーメーカーのピックアップカバーも、ちゃんとカタログに載っていますね。

FVいいよねえ、このチープ感。

VMあ、ひとつ発見。ミニハムもフロントとリアのバージョンがありますよ。ちょっと写真が見にくいですが。

FVこりゃおみそれしました。ジャズギター用はミニハムの改造版だからカバーは同じかな。

VMとりあえず、わかりやすくまとめてみてくださいよ。

FVじゃあ君のために一覧ページを掲載しておくよ。手がかかるなあ(笑)

VMありがとうございまーす。

FVまだまだ他にもあるかもしれないな。

ハムバッカー クローム(フロント) SG/LP/ESシリーズ
クローム(リア) SG/LP/ESシリーズ
ゴールド(フロント) SG/LP/ESシリーズ
ゴールド(リア) SG/LP/ESシリーズ
ミニハム クローム・ポールピース(フロント) LP
クローム・ポールピース(リア) LP
ニッケル・ノンポールピース(フロント) FB
ニッケル・ノンポールピース(リア) FB
P-90 クリーム(フロント) LP Standard
クリーム(リア) LP Std
ブラック(フロント) LP Special/SG
ブラック(リア) LP Special/SG
クローム・ドッグイヤー SG/ES-330
ニッケル・ドッグイヤー SG/ES-330
ローインピーダンス ブラック・プラスチック LP Professional
シングルコイル ブラック MM/SG Bass
ベース用 フルサイズHB EB
ミニサイズHB EB

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

新時代のインダストリー4.0が実現するHystericなリアリティ・スペックのピックアップカバー

HystericPAFのVintage Maniacsが4年の歳月をかけてプロデュースしたPAFカバーが日本上陸です。プレス時の瘦せをコントロールし、長辺・短辺ともにサイドウォールが同じ厚みとなるよう、十二分なサイクルタイムをかける。ヨーロッパの片田舎で見つけ出した、古く無骨なヴィンテージ・プレスマシンから、手練れの職人によって打ち出される、まさに50年代当時の再現です。

ショップで見る
サイトナビゲーション
記事カテゴリー
記事をタグで検索
Vintage Maniacs Official Shop
#vmhangout