ギブソンのマップギター

俺スキの中でも群を抜いて大好きなギター、マップギターです。80年代に店頭プロモーションの目的で少数生産されたギターですが、一部はエンドーサーのギタリストに送られたり楽器フェアのブースで飾られたりしたので、目にした方も多いと思います。

投票用記事番号:2105

ギブソンのマップギター

俺スキの中でも群を抜いて大好きなギター、マップギターです。80年代に店頭プロモーションの目的で少数生産されたギターですが、一部はエンドーサーのギタリストに送られたり楽器フェアのブースで飾られたりしたので、目にした方も多いと思います。

マップギターのカタログ

さて、一概にマップギターといっても、実際にはいくつかのバリエーションがあります。

番号 機種 ネック ボディ パーツ 用途
1 Gibson 80s メイプル マホガニーPC Schallerコンビ 店頭プロモーション用
2 Epiphone 80s メイプル マホガニーPC Schallerコンビ 店頭プロモーション用
3 Gibson 80s マホガニー マホガニー Tune-O-Matic 店頭販売用
4 Gibson 80s マホガニー マホガニー/フラッグ柄 Kahlerトレモロ フェア展示用
5 Epiphone 2000年 メイプル マホガニー Tune-O-Matic 店頭販売用
フラッグ柄のマップギター
表4番:Gibson 80s フラッグ柄
エピフォン製のマップギター
表5番:Epiphone 2000年 マホガニー

実際に販売価格が設定されたのは、上の表の3番と5番です。5番のエピフォン製は3番のスペックを踏襲しており、使いやすいパーツのレイアウトですね。

このマップギターは80年代に登場した当時かなりのインパクトがありました。雑誌やマスコミでも取り上げられ、当のギブソン社もこぞってフライヤーやカタログに取り上げていましたので、当時のギブソン・ファンにはお馴染みでしょう。

マップギターのボディとパーツ

奇抜なスタイルですが、ヴィンテージ・ラップスティールと並べてみても意外と違和感が無いのは、それなりに楽器として成立しているからでしょう。

ラップスティールとマップギター

ハードケースに入ったマップギター

ヘッドロゴはアッパーリンク・オーです。マホガニーのワンピース・ネックはマップシリーズの中では販売用のこのモデルのみです。

マップギターのヘッドストックのロゴ

マップギターのヘッドストックの裏側

バックパネルは、一か所でコンパクトにまとめられています。カタログの表紙の個体はカッタウェイ部分にトグルスイッチがありますので、裏側にはレスポール同様に丸いキャビティカバーがつけられていたはずです。

マップギターのバックパネル

ボディは70年代のレスポール・デラックスのような、マホガニー・メイプル・マホガニーのパンケーキ構造で手の込んだ作業です。

パンケーキ構造のボディ

次の写真は筆者が一番好きなアングルです。一見「ガラモン」みたいですね。

奇抜なボディシェイプ

ギター本体、ハードケース、カタログ、フライヤーがセットで販売されました。

マップギター販売時のセット内容

Vintage Maniacs Fair

投票用記事番号は 2105 です

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

目指したのはPAFっぽい音ではなくPAFそのままの音

Vintage Maniacsが知見を結集しプロデュースする、ヴィンテージ・レプリカ・ハムバッカー「Hysteric PAF」。伝説のPAFサウンドをあなたへ!

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ