ヴァイブローラ搭載ファイヤーバード - メダリオン編

ファイヤーバード集合写真

さてファイヤーバードとロング・ヴァイブローラ、今回はメダリオンを中心に見ていきましょう。

ファイヤーバードのメダリオン

ロング・ヴァイブローラが搭載されたⅤは、1963年ニッケル、1965年クローム、1971年ニッケルという順番で登場します。

ヴァイブローラを搭載したファイヤーバード

写真手前から65年、63年、63年、71年、71年です。クロームはメッキが曇らないので、いつまでもピカピカです。

クロームメッキのロング・ヴァイブローラ

1971年のメダリオン・ファイヤーバードは、メダルのシリアルが200番台の後半になると、パーツが欠品したのかGibsonの刻印が入ったピックアップカバーのミニハムが搭載されます。

メッキの剥げたメダル

Gibson刻印のピックアップカバー

もちろんこの時期ですから、レスポール・デラックスで採用されたロゴ刻印ミニハム(Patナンバーデカール)はクロームメッキなので、それを流用するにしてもヴァイブローラと合わせるのであればニッケルにリメッキが必要です。いっそ当時のSGに搭載されていたクロームパーツを搭載すれば…と、しないところがこだわりでしょう。

Gibsonロゴ入りパーツだらけのファイヤーバード

このモデルの豪華なところは、フロントから見るとロッドカバー、フロントピックアップ・リアピックアップ・メダル・ヴァイブローラと、5か所にGibsonのブランドロゴが刻印されているところですね。これでもか!って感じで私は好きです。

ファイヤーバード・ファンはご存じだと思いますが、ギブソンは当時レッドバンクスにあった伝説のヴィンテージ・ギターショップ「Guitar Trader」とコラボで1982年に15本だけヴァイブローラ搭載ファイヤーバードを復刻しているんですね。カラーはサンバーストとホワイト。当時の価格で1,250ドルとあります。90年代にはイシバシ楽器が何本かJimmy Wallaceモデルでもヴァイブローラ搭載モデルを出していますので、ヒストリックコレクションで復刻されるまでも、常にファイアーバードⅤは、コレクターやファン、マニアの間で引く手あまたのスペックだったという印象です。

ファイヤーバードのカタログ

Jimmy Wallaceモデルのカタログ

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

待望の復刻を果たしたギブソンのヴァイブローラ

ギブソンのハードウェアにおいて、ひと際美しい形状を誇っているヴァイブローラ。ビグスビーにも通じる美しい音色で人気があります。単品での入手が難しいヴァイブローラをニッケル、クローム、ゴールドのラインナップでご用意しております。

ショップで見る
サイトナビゲーション
記事カテゴリー
記事をタグで検索
Vintage Maniacs Official Shop
#vmhangout