Heritage Guitars - カラマズーの遺産

ギブソンは生産数量拡大のために、工場をカラマズーからナッシュビルへ移転しました。そのカラマズー工場と設備を譲り受けたのが「Heritage Guitars」です。今回はギブソンファンにとってはたまらない魅力がつまったブランドに迫ります。

投票用記事番号:7164

ギブソンの伝統と遺産を継承するブランド

アメリカのポピュラーミュージック・シーンをけん引してきたギブソン社にとって、カラマズー工場を閉鎖した80年代ほど混沌とした時代はなかったでしょう。生産数量拡大のために、カントリーミュージックの聖地ナッシュビルに新工場をオープンした後、公式には1985年にカラマズー工場を譲渡しました。

「Heritage Guitars」は、この工場と設備を譲り受けた4人の猛者(Jim Deurloo、Marvin Lamb、JP Moats、Bill Paige)と、高級ジャズギターを得意とした熟練工たちによって「伝統と遺産を継承する」ブランドとして再建され、今日も少数ながら温かみのあるギターを生産し続けています。

Heritage Guitarsのカタログ

写真のカタログは、ヘリテイジギターにほれ込んだ荒井史郎さんの肝いりで荒井貿易がスタートした、当時の熱意が伝わるポスターカタログです。

トップ・オブ・ザ・ラインのアメリカンイーグルが1,580,000円で、ギブソンのサイテーションやカラマズー・アワードに匹敵する価格を誇っています。マホガニーバック・メイプルトップのレスポールタイプは、ゲイリー・ムーア・モデルの300,000円。なるほどに高級輸入楽器です。

よく見ると、スタート当初はピックガードがレスポールっぽいですね。途中で一度デザインが変更されており、次の画像は後期モデルです。

新しいカタログはブックレットタイプです。ここでも表紙はアメリカンイーグル。

会社の所在地は「225 Parsons Street」で、まごうことなきGibsonの聖地です。

Heritage Guitars H-150 Special

ジャズギターやセミアコースティックもふんだんに掲載されていますが、今回はシングルカッタウェイを中心に見ていきます。写真でもおわかりの通り、レスポールよりも少しボディ厚が薄くされており、取り回しが良いです。

ブランドの象徴であるヘッドストックはスリムで、弦がナットに対してストレスの無い角度を保っています。ギブソンでいえば、フライングVやマローダーのようなタイプですね。

フレイム・メイプルトップに豪華なトラ目。

ローズウッド・フィンガーボードにドットインレイは、「H-150 Special」という特別モデルです。

個人的に、このピックガードの曲線は好き。

Schaller尽くしのハードウェア

ハードウェアはギブソンのレスポールと印象が違いますが、メーカーはドイツ製Schallerです。

テールピースでスタッドボルトの頭が見えません。脱落防止機構かと思ったらただ差し込んであるだけで、弦を緩めたら外れました(笑)

ブリッジはTP-6みたいな樹脂製の弦フックになっています。そして、チューニングが安定する(と謳っている)ローラーブリッジ。なんとなくサステインが逃げそうです。裏から見ると、弦高を低く抑えられるように高さ調整のエレベーション・ソーサー周りが削られています。工夫していますね。

ペグとピックアップもSchaller製と、何から何までSchaller尽くし。

このあたり、ディマジオをはじめとするピックアップ・ブランドが華やかな時代ですから、もう少しチョイスがあってもよかった気がします。

良質なマホガニーと丁寧な作り

ピックアップやコントロールキャビティに、熟練工を擁したカラマズーならではの丁寧さがみられて好感が持てます。

ロッドカバーはベルシェイプではなく、ちょっとデザインがかっこ悪い2点止め。ビザールギターっぽい。

ネックがマホ1Pなのも得点が高いです。

バックのマホガニーは随分と良質の材を使っていますね。ハードケースのロゴがCool!

ギブソンファンにはたまらない「The Heritage of Kalamazoo」

良質のローズウッドや六角ナット、カッタウェイのバインディングなど、ギブソンファンにとってはたまらないディテール満載の「The Heritage of Kalamazoo」。機会があったら、ぜひ触ってみてください。あのゲイリー・ムーアみたいなサウンドが出る…のだと思います。

 次に読むなら

英国製ゴードンスミス・ギターとメロディーメーカー
メロディーメーカーは60年代の発売当初から今日までギブソンのベーシックなモデルとして、北米のみならずヨーロッパやアジアでも幅広く受け入れられています。英国製のゴードンスミスもメロディーメーカーへのオマージュともいえるボディデザインとパーツレイアウトで、カスタムギターからは一線を画したギターです。
Vintage Maniacs Fair

投票用記事番号は 7164 です

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

白蝶貝が美しいエボニーブロック

ギブソンがレスポールをフルモデルチェンジした1960年代初期に、サイドウェイ・ヴァイブローラと並行してごく限られた台数だけ生産されたエボニーブロックのレスポールSG。長年の間コレクターだけの密かな憧れだった白蝶貝インレイのウッドブロックを復刻しました。

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ