Ebony Beauty - 60年代ギブソンのデザインとエボニーブロック

60年代ギブソンのデザインを見ながらエボニーブロックを考察するシリーズの最終回。同じギターでも、ボディシェイプが異なるとエボニーブロックを搭載した印象が大きく異なるのは驚きです。

投票用記事番号:5410

FV(Fukazawa Vintage Club)3回シリーズの最後だけど、全体的に60年代ギブソンのデザインを見ながらエボニーブロックを考察するって感じで面白かったね。

VM(Vintage Maniacs)そうですね、言葉でいろいろ解説するよりも、画像で見るとわかりやすいです。

FV同じサンバーストのメロディーメーカーでも、ボディシェイプが異なるとエボニーブロックを搭載した印象が大きく違う。ちょっとしたラインで全体像が違ってくるのは驚きだ。

VMうーん、タメになるなあ。

FV最近のギブソンでも、カスタムショップのSGスペシャルやSGジュニア、ジョーン・ジェットのメロディーメーカーとかをベースに、いろんなチューンナップを紹介していくよ。お楽しみに。

VMでも相変わらず、がさつに地面直置きしてますね。ファンの方から叱られますよ(笑)

FVそだね~(笑)

Vintage Maniacs Fair

投票用記事番号は 5410 です

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

白蝶貝が美しいエボニーブロック

ギブソンがレスポールをフルモデルチェンジした1960年代初期に、サイドウェイ・ヴァイブローラと並行してごく限られた台数だけ生産されたエボニーブロックのレスポールSG。長年の間コレクターだけの密かな憧れだった白蝶貝インレイのウッドブロックを復刻しました。

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ