70年代に登場したレスポールとSG用アーティストケース

以前のVintage Maniacsの記事「ギブソン・アーティストシリーズ・ギターケース - 謎の高級ケーストリオ」では、オックスブラッドのレスポール用ケースと、フラワー柄のSG用ケースをチェックしました。今回は同シリーズのブラックビューティー・アーティストケースを交えた3モデルの比較です。

ヘッドストックの位置に取り付けられたGibsonのロゴバッジは3タイプ共通のものです。

バッジはネジではなく、ヴィンテージのブラウンケースと同様にブラスの釘で取り付けられています。

ブラックとオックスブラッドは、ともにレスポール専用ケースです。よく見ると外張りのレザーは色だけでなくテスクチャーも異なっていて、いずれも高級感があります。こうして3モデル並ぶと壮観ですね。

内側のライニングはブラックケースは黒い生地、オックスブラッドはパープル、そしてフラワー柄がチャコールブラウンになっていて、色の使い分けもおしゃれです。特筆すべきは、シルク地のGibsonロゴ入りの襷がそれぞれのライニングカラーとマッチしていて、それぞれブラック、パープル、ブラウンになっているところです。

70年代のギブソンはギターのデザインと同じくアクセサリーやカタログにも素敵なデザインが施されていて感心します。

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

Vintage Flying V Brown Slim Case FVC59

パーツはGibson Historic Brown Slim CaseでもおなじみのUSA G&G製をふんだんに使い、Historic V Caseとドンズバの採寸です。すべてのコリーナV・EC EXオーナーへの復刻版です。

ショップで見る
サイトナビゲーション
記事カテゴリー
記事をタグで検索
Vintage Maniacs Official Shop
#vmhangout