MKを追い続けた愛すべきコレクター「aya-yu」さん(前編)

70年代に登場したGibson Mark Seriesはアコギ界のブレークスルーだと思います。そんなMKシリーズを追い続ける「aya-yu」さんをご紹介しつつ、当時のカタログやモデルごとの価格差などに注目します。

アコギ界のブレークスルー

VMピックアップが付いてないアコギがVintage Maniacsに登場するのって、めずらしいですね。初めてじゃないですか。

FVJ-160Eは紹介したことあるけど、確かにそうだね。パーツとか、特筆すべきポイントが少ないからかなあ。サウンドの動画とかをしっかり掲載しないと、訴えるものが少ない気がしてさ。 意図してる訳ではないんだけど。

VM似たり寄ったりのアコギにあって(※失言ご容赦ください)、70年代に登場したMKシリーズは、 突っ込みどころ満載ですよね。

FV「突っ込みどころ」っていうか、アコギ界のブレークスルーだと思うよ。

VMあれ? こんなカタログありましたっけ? 神田商会が当時販売したカラーカタログですか?

FVところが、日本版カタログのFlattopラインナップには、MKシリーズは割愛されていて載ってないんだよ。500円もしたのに(根に持ってませんよ、笑)。 これは、USA版のセールス用リーフレットだよ。表紙はこれ。MKシリーズだけでカラー8ページも割いているから、かなり力が入ってるよね。

VM神田商会のカタログに無いって事は、日本では、どこが販売していたんですか?

FVまあまあ、焦らずに。じっくりカタログを見ながら、回顧していこうか。

GIBSON MARKSERIES FUNのaya-yuさん

VMFVさんはずっとMKシリーズを集めてますよね。どこが魅力ですか?

FV得体の知れないMK-99の存在かなあ(笑)

VMちゃんと予習してきましたよ。このサイトが凄く情報がしっかりしていて勉強になります。

GIBSON MARKSERIES FUN

VMとにかくアプローチがアカデミックで、学校の講義みたいです。

FVそうね、「aya-yu」さんは学校の先生だから。

VMえ~、このサイトの制作者、ご存知なんですか?

FV私にとってはMKのみならず、Goodallとかソモギの素晴らしさを知る上での大先輩だ。この写真は、aya-yuさんとお友達と3人で早朝の自由が丘で撮影していて、職質されたときのカットだよ(笑) もう20年ぐらい前かな。Nikon F-3でフイルム撮影だったなあ。

FVナチュラルとサンバーストがそろったときは、すっごく盛り上がってね。興奮したよ。

VMいろんなところで職質されてますよね(笑) MK-99はハカランダなんですよね?

FVそうだっけ? MK-81も、すごく上質な素材を使ってるよ。バックも綺麗だろ?

MKシリーズの価格

VMだって、当時はJ-200よりも高額だったんですよ。そりゃ、良い木材を使ってくれなきゃ。

VMMK-81は999ドル。

VMわずか12本しか生産しなかったMK-99が、とんでもない価格で載ってますね。確かに、ハカランダとは書いていないですが。2,199ドルかあ…。

FV日本の価格と比較してみよう。

モデル カタログ$価格 円換算($=293円 カタログ¥価格
MK-35 569 166,717 193,000
MK-53 649 190,157 220,000
MK-72 749 219,457 254,000
MK-81 999 292,707 339,000
MK-99 2,199 644,307 895,000

76年に293円だったドル相場は、わずか2年後の78年には195円になりました。MK-81は999×195=194,805ですから、10万円も安くなってしまったということですね。76年に仕入れた楽器の在庫が残ってしまうと、当時の輸入元にとっては、為替差は大きな頭痛の種だったでしょう。

FVMK-35から81までは、$と円では数万円の差だけど、MK-99は35万円の差があって、どうしちゃったのかなってね。

VMあれ? こっちのYAMAHAのカタログでは、MK-81は415,000円になってますよ。

VMしかも、高額なアコギのカタログとしては、ちょっと説明が雑な感じが…。

FVうーん、こりゃイカンなあ。MKシリーズの斬新さとか特徴諸々が伝わってこないよ。ギブソンは、むちゃくちゃ気合入れて解説してるのに。

オリエンタルな曲線が美しいデザイン

VMFVさんは以前「MKシリーズのピックガードやブリッジって、三味線のバチみたいな、オリエンタルな曲線が美しい」って、デザインの雑誌で述べてましたが、どのあたりですか?

FVアメリカ版カラーカタログの最初のページからして、アピールしてるよ。

VMうひゃ~、ド迫力。さすがに、カラーで8ページ割いているだけありますね。写真も素敵です。

FVだろ? この曲線がさ、自然なんだよね~。

VMピックガードのシェイプは、ほんとに纏まりがあって美しいと思います。でも、もともとはピックガードはつけずに出荷されてるって聞きましたけど。

FVよく勉強しているね(笑) ここを見てごらん。

SEPARATE PICKGUARD - No matter how good a guitar is, some people want a pickguard on it and some don't. Every Mark guitar offers both. The pickguard is packaged separately and attaches instantly with a special adhesive.

FV「ギターは、ピックガードを搭載せずに同梱しています。特殊な接着方法で着脱できます」ってことだ。

VMなるほど。だからフクロに入ったままの新品があるんですね。

VMで、「Special Adhesive」って、丸い両面テープのことですか?(笑)

FVこの「両面テープ」の会社名、読めないなあ…。「LunarkChicago Illinois」?

VM貼ってみましょうか、ほんとに着脱自由自在か。

FVピックガードは沢山あるから、やってみても良いよ。

VMうーん、MKで前後編やるとは思ってませんでしたが、とりあえず次回は「やみクロ MK-81」ってことで続きます。

FVかたじけない(笑)

 次に読むなら

Gibson J-160E - ノーベル賞級のアコースティックギター
ビートルズの名曲『ノルウェーの森』でも聴くことができるJ-160Eのサウンドは、未知のトーンで多くのリスナーを魅了しました。今回はスクエアショルダーのJ-160Eのパーツやスペックを細かく見ていきましょう。このギターからは、特殊なパーツを軽々と作ってしまう当時のギブソン社のマニュファクチャラーとしての力量を感じます。

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

Vintage Maniacs Magazine Vol. 1

Vintage Maniacsのブログに著者コメントを追記し、編集・再構成した「Vintage Maniacs Magazine」。全ページフルカラー仕様で、資料としてもオススメです。Vintage Maniacsが切り込むディープでマニアックなヴィンテージギターの世界をお楽しみください。

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ