入手困難なトフィーブラウンのSGスペシャル

40年かかって入手できたのはこれ1本だけ。めずらしいトフィーブラウンのSGスペシャルと、同じくトフィーのSGスタンダードを比較しながら見ていきましょう。

投票用記事番号:1820

トフィーブラウンのSG StandardとSG Special

ケースの撮影がひと段落したので、中のギターも日光浴がてらチェックしていきましょう。まずトフィーブラウンの2本ですが、SG Standardのトフィーは時々見かけます。たしかにレアですが、まあ何度か見る機会があるわけです。

SG StandardとSG Specialのボディ

しかし良く見てください。右側のSGはSpecialのトフィーです。ちょっと自慢ですが、これがめずらしいのですよ。40年かかって入手できたのはこれ1本だけ。こうなるとJuniorも欲しいです。ちなみにCustomのトフィーはどうやら無いらしいです。

めずらしいトフィーブラウンのSG Special

2本とも70年代に入ってからの個体で、Gibsonインレイは角ロゴ、マホガニーの3ピースネックです。

SG StandardとSG Specialのヘッドストック

96xxxxのシリアルを見ると、どうやら同じ時期に生産されたようです。

SGのシリアル

うーん、トフィーといえば68ゴールドトップのボディバックを連想しますが、なぜSGでこの色を…。たぶん人気なかったのでは(笑)

ペグはStandardがクルーソンのメタルボタン、Specialは3連のプラツマミ。きちんとグレード分けされていますね。

SG Standardのペグ

SG Specialのペグ

ピックアップは、StandardがステッカードのTトップを2発、SpecialはP-90が2機。これもスペック通りです。

SG Standardのハムバッカー・ピックアップ

SG SpecialのP-90ピックアップ

ネックジョイント部分は、ヒールのある典型的な70年代タイプ。インレイの違いでだいぶ豪華さに差が出ています。

SG Standardのポジションマーク

SG Specialのポジションマーク

SG Standardのネックジョイント

SG Specialのネックジョイント

なんとなく、この色を見るとTEDを連想するなあ。

2本ならべたトフィーブラウンのSG

トフィーブラウンのSGボディバック

クマとギターケース

ヘッドの角度は同じ。しかし何度見ても美しいマホガニーを使ってますね、このテーブル。

美しいマホガニーのギターメンテナンス・テーブル

SGのヘッドストックとマホガニーのテーブル

クローズアップの最後はSG定番のロング・ヴァイブローラ。これがなければStandardじゃないよ…っていうぐらい、私の中ではSG Standard = Maestro Long Lyre Vibrolaなのですよね。

SG Standardのロング・ヴァイブローラ

Vintage Maniacs Fair

投票用記事番号は 1820 です

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

P-90サウンドが1950年代からタイムトリップ

Hysteric PAF直系のブルージーでギミックの無い魅惑のP-90サウンド。レスポール・ゴールドトップ、ノンリバース・ファイヤーバードをはじめとしたヴィンテージ・ファンにおすすめのピックアップです。

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ