Historic Collectionに付属するブラウンケースの変遷

1999年にギブソンが復刻したブラウンケースは、ヴィンテージに似てかっこいい仕上がりでした。その後2012年のカナダ製ではバッジや金具が大きく変更されます。今回は3種類のモデルを見比べ、ヒスコレに付属したブラウンケースの変遷を紹介します。

ギブソンが復刻したブラウンケース

1999年、ギブソンはレスポール誕生40周年を記念して、これまで以上に精緻なアップグレードを発表します。その中には「Case Candy」と呼ばれる付属品のタグやレザーストラップ、そしてブラウン・スリムケースまでが含まれています。今日ではレザーストラップがディスコンされているのは非常に残念ですね。

さて、ギブソン社がブラウンケースを復刻したのはこれが初めてではありません。80年代にHeritage 80や59 Vintageのシリーズをリイシューした際、レスポール用とフライングV用にピンク・ライニングのスリムケースを復刻させてきました。

今回紹介する40周年に付属していたブラウンケースは、外観の色・柄に加え、ハンドルやバッジまでも復刻されていて、たいへん格好の良いケースに仕上がっています。以前よりヴィンテージ・レスポールのオーナーから「予備に欲しい」という声がありましたが、ギブソン社は永らくこのケースを別売することはありませんでした。中古市場でもなかなか出ないので、マニア垂涎のケースとなっています。
※2019年現在、ギブソン純正のブラウン・スリムケースが別売されています。

1999年以降のブラウンケースは大きく分けて3種類あります。ラッチの数が5個の初期バージョンを加えると厳密には4種類ですが、今回はオーソドックスに目にする機会が多い3モデルを比較します。
※この記事は2012年までに登場したブラウンケースを対象に書かれています。

ケース内側のピンク・ライニング

まず内側のライニングを見てみましょう。

一番手前が、2011年から登場したカナダ製ブラウンケースです。プロテクション機能を上げるため内側のアンコが分厚くなっていて、ほぼCustom Shop Black Caseと似た感じです。真ん中が2005年前後からのコスタリカ製で、一番奥はヴィンテージに近い色でライニングの質感も似ている1999年モデルです。コスタリカ製と1999年モデルは概ね似ていますが、よく比較してみるとライニングの色が違うのがわかりますね。

ケース内側の原産地表示にコスタリカ製の表記があります。コスタリカ製はケースに使っている木材が重く、重量は1999年モデルの1.5倍以上あるため、ケースにギターが入っていなくても「ずっしり」しています。

ヴィンテージに似ている1999年モデルのラッチ

それぞれのスペックを比較してみましょう。次の写真は左からカナダ製、コスタリカ製、1999年モデルです。

ラッチの形状は3機種とも異なっています。ヴィンテージと似ているのは1999年モデルですね。

鍵のついたラッチは、カナダ製だけがラウンドしたフックに変更されていて、見た目もぼってりしています。

Gibsonバッジとハンドル

Gibsonロゴのバッジはどうでしょう。1999年モデルとコスタリカ製は同じバッジです。

カナダ製は新デザインのバッジですね。しかも釘ではなく、プラスネジ止めです。

次にポケットを止めるスクリューやバッジの位置ですが、一番左の2011年製はだいぶ現代的なアレンジが施されています。位置も違いますね。

ハンドルは1999年モデルがヴィンテージライクなブラウンレザーであるのに対して、後年は明るいビニールレザーっぽい質感に代わっています。

分厚くなったカナダ製のブラウンケース

3モデルをならべて気づくのは大きさと厚さで、左側のカナダ製はずいぶん大きくて厚いのがわかります。一番下のラッチとエンドプレートの感覚を見てください。要するに、カナダ製は「ブラウンカラーのCustom Shop Case」と理解すればよさそうです。

ヒンジ側から見ると、ヒンジ自体も、まったく別の製品に代わっていますし、足の数も違います。

次の画像は一番上がカナダ製で、ラッチが1つ多いです。

こうして見ると、カナダ製ではヴィンテージ・ルックスを追及しながらも、ハードケース本来の機能を重視しているギブソン社の良心が理解できますが、ファンにとっては複雑な心境です。最後に、ケースの厚みの違いがわかりやすい画像をご覧ください。

 次に読むなら

ギブソン純正ハードケースの種類を比較
50年代のブラウンハードケースは、ケースシェイプ、ラッチの金具、Gibsonロゴバッジなどのバリエーションが多岐にわたります。今回は時代ごとのブラウンケースの大まかな比較をしながら、レスポール用ハードケースの魅力を探っていきます。

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

Vintage Maniacs復刻Zipカバー

1952年に誕生してから60年が経つレスポールの歴史において、もっともレアで貴重といわれてきたアクセサリーが、Zipper Case Coverです。カタログでは、1956年にZC-LPという型番で登場して以来、常にラインナップされていながらも、これまで現存するものがほとんど確認されていないというレア中のレア・アイテムでした。

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ