バダス・ブリッジとギブソンの蜜月

バダス・ブリッジ

ヴィンテージ・ギブソン・ファンにとって、コンビネーションブリッジとバダスは切っても切れない蜜月の関係です。もともとブリッジとテールピースが一体となっているレスポール・ジュニアやレスポール・スペシャルなどでは、オクターブピッチが甘くなりがちでした。その解決方法としてギブソン社は60年代にステアステップブリッジを考案し搭載するのですが、結果的にロックの普及とともに3弦が巻弦からプレーンに移行し、オクターブチューニングの問題は解決しないままでした。

メロディーメーカーのテールピース

そこに救世主のごとく登場したのが、バダスのブリッジ・テールピースです。日本では神田商会が輸入元となっており、当時の価格は9,000円です。

バダス・ブリッジのカタログ

当時グレコが力を入れていたメロディーメーカーやレスポール・スペシャルのコピーモデルにMade in USAのバダスが搭載されていたので、お買い得なイメージがありますね。

バダス搭載のグレコのギター

このバダスは年代順に3回モデルチェンジがなされています。もっとも古いモデルは、ローリングストーンズのキース・リチャーズがレスポールTVジュニアに搭載していた、パテント(特許)申請直後のモデルです。特徴はサドルスクリューの留め口が、ひとつひとつブリッジ側のエッジを潰して固定している点で、ひと目でわかります。

初期のバダス・ブリッジ

バダス・ブリッジのサドル

上から見たときに、サドルを留めるスクリューの首の部分が見えているのがわかりますでしょうか。

初期型バダス・ブリッジ

裏側には、「LEO QUAN BADASS」と「PAT. APPL'D FOR」の刻印があります。

初期型バダスの刻印

70年代にバダスに注目し、このブリッジを標準装備したギターがありました。B.C. リッチです。シーガルをはじめとして、モッキンバードやイーグルなど、B.C. リッチの主要モデルに搭載されたバダスは一躍有名になりました。

バダス搭載のシーガル

ギターの横の白黒写真は、楽屋でシーガルを弾くエリック・クラプトンですね。このギターにはゴールドのバダスが搭載されています。

初期のモデルは、使用頻度が高いとブリッジ・スクリューを支える本体の受け口が弱くなり、弦交換の際にコマが脱落するトラブルが散見されるようになりました。そこで最初の改良が加えられます。

改良されたバダス・ブリッジ

横から見たバダス・ブリッジ

コマが脱落しないように改良

改良型バダス・ブリッジの裏側

サドル調整用スクリューの取り付け口が金型から変更され、スクリューの首が見えなくなります。内側にピンを取り付けて抜けないようにする構造は、ギブソンが70年代に登場させたナッシュビル・チューン・オー・マチック・ブリッジと同じです。

バダスのパーツ
当時バラ売りされていたバダスのパーツ。
ギブソンのナッシュビル・ブリッジのパーツ
バラ売りされていたギブソンのナッシュビル・ブリッジのパーツ。
ショップでバラ売りされているブリッジのパーツ
ブリッジごと交換する予算のないギタリストの為に、ていねいにバラ売りしていたショップのデッドストックの在庫。古き良き時代です。

この時代も裏面は「PAT. APPL'D FOR」で、特許ナンバーは刻印されていません。

改良型バダスのアップ

Made in W. Germanyのステッカー

バダスのコマ

バダス裏側の刻印

バダスで気をつけなければいけないのは、年代によってスタッドフックの部分の厚みが異なり(多くの場合はスタッド側が狭い)、もともとついているギブソン製のスタッドだと搭載できない場合があることです。もちろんバダスを新品で購入すれば、スタッド(インチサイズ)も付属していますが、中古の場合はちょっと面倒ですね。

バダス純正のスタッド
ヘッド部分が扁平で広いのがバダス純正のスタッド。上段の左2本は、バダス純正であるにも関わらず初期のモデルには適合しないので注意。
バダスに適合しないスタッド
左側はスタッドにフック部分が入りません。

往年のギブソン・プレイヤーに愛されたヴィンテージ・バダス。現在ではバダス社製のモデルを見つけるのは困難で、中古でもヴィンテージであれば100ドル前後になってしまいます。この記事が「やはりヴィンテージ・ギブソンには、ノーブランド製品ではなくてBadassを搭載したいんだ!」とこだわるマニアの方の参考になれば幸いです。

2種類のバダス

最後に、ちょっとレアなバダスを2つ。

B.C. リッチに搭載されていたバダス

初期型の珍しいバダス

パーツがゴールドとクロームのバダス・ブリッジ

B.C. リッチの初期に搭載されていた、クロームとゴールドのコンビネーションです。ギターも特注なのか、パーツがコンビネーションになっていました。サドルスクリューの留め方で初期型だとわかります。

次の写真はデッドストックのゴールド・バダスです。第2期バージョンなので、サドルスクリューはすでにカシメではありません。スタッドもセットで販売されていたのがわかりますね。パッケージにMade in W. Germany(西ドイツ)とあるのが懐かしいです。

西ドイツ製のゴールドのバダス

バダスのパッケージ

適応機種は結構網羅していて、珍しいところでは、SG Ⅰ、SG Ⅲ(なぜかSG Ⅱは無い)、Kalamazooなども記載されていますね。

デッドストックのバダス

上から5つ目の「Les Paul Sunburst」というのは、どれを指しているのでしょう…

バダスの適応機種

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

Art of Aging Gibson ABR-1 Bridge Non-wire

Vintage ManiacsがCrazypartsのAndy Nowakと共同でプロデュースするArt of Aging Series。手軽にパーツ交換できる身近なドレスアップとしてよりカジュアルな楽しみを提供します。

ショップで見る
サイトナビゲーション
記事カテゴリー
記事をタグで検索
Vintage Maniacs Official Shop
#vmhangout