ビリー・ジョー・モデルのギターケース

ギブソンは時々Coolなことをやってくれます。中でもギター本体ではないアクセサリーやハードケースの特別仕様は、知らない内に限定販売が終了したりして見逃しがちです。 ビリー・ジョー・モデルのハードケースはその良い例でしょう。

投票用記事番号:1971

ビリー・ジョー・モデルのギターケースの外側

ギブソンは時々Coolなことをやってくれます。中でもギター本体ではないアクセサリーやハードケースの特別仕様は、知らない内に限定販売が終了したりして見逃しがちです。 ビリー・ジョー・モデルのハードケースはその良い例でしょう。

ビリー・ジョー・モデルのギターケースの内側

別売が無いハードケースなのであまり広く知られていませんが、内側に豹柄のライニングを丁寧にしきつめたヒスコレ・スペックのハードケースは、私見ですが70年代のアーティストシリーズ・ギターケースに匹敵する快挙だと思っています。

豹柄のライニング

ビリー・ジョー・モデル自体は比較的リーズナブルな価格で登場した、アーティストのサイン入りレスポール・ジュニアですが、作りの良さとハードケース付属というハイコストパフォーマンスで、ジョーン・ジェット・モデル同様にファンならずとも必見のギターです。

初期のハードケースは、取っ手の部分がヒストリック用ハードケース同様に高級なクッションタイプが採用されていました。

クッションタイプのハンドル

後期になるとロックキーが標準となり、取っ手もビニールパイプの廉価版に移行しています。

ビリー・ジョー・モデルのハンドルを比較
一番手前が最新スペック、真ん中と奥は初期モデル。

ケース自体はレスポール・ジュニアの薄いボディ専用ですから、残念ながらレスポール・スタンダードなどは入りません。

薄いボディ専用のケース

外側にはビリーのトレードマークが赤くプリントされていて、通常は本体側にあるはずのGibson USAロゴはヘッド部分に移されています。

ビリー・ジョーのトレードマーク

ギターを収納した状態のケース

内側にはポケットもしっかり装備しています。

ギターケース内側のポケット

このケースは、ボディが薄いZemaitisのメタルフロントを収納するハードケースとしてベストサイズなので、私は愛用しています。これをライブハウスで開いてギターを取り出したときのインパクトは相当です(笑)

 次に読むなら

アーティストシリーズ・ギターケース - 謎の高級ケーストリオ
今回紹介するのは、70年代に突如としてギブソンが別売に踏み切った謎の高級ケーストリオ「アーティストシリーズ・ハードケース」です。このシリーズはSG用がフラワー柄のサイケなデザイン、レスポール用がブラックとオックスブラッドの2種類、計3種からなっています。
Vintage Maniacs Fair

投票用記事番号は 1971 です

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

大切なギターを保護するハードケースのリペアグッズ

ハードケースのハンドルがいつの間にか劣化していて、運搬中に壊れてケースごと落下…そんなことを防ぐために、ケースハンドルのリペアも必要です。ヴィンテージスタイルのレザーハンドルから、お求めやすい樹脂タイプまで幅広く取り揃えております。

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ