レスポール・モデルが本格的に復刻 - 1968年のギブソン・カタログ

1960年以降SGシェイプになるレスポール・モデルですが、本格的に復刻されるのは1968年のP-90搭載ゴールドトップ・モデルになります。この年は同時に2台のレスポールが登場していますので、当時のカタログを見てみましょう。

投票用記事番号:3710

1960年以降SGシェイプになるレスポール・モデルですが、本格的に復刻されるのは1968年のP-90搭載ゴールドトップ・モデルになります。この年は同時に2台のレスポールが登場していますので、当時のカタログを見てみましょう。

表紙ではギター開発者のことを「Mr. Guitar」と表現していますね。

カタログを開くと左側にはレス・ポール氏と思われるイラストが描かれていて、「音楽界にあって革命的楽器を開発したMr. Guitar:Les Paul氏とGibsonがとうとう歴史的ギターを復刻」と説明されています。

今から思えばギブソン社が1960~1968年の間、メイプルトップのレスポール・モデルをディスコンしていたことこそ理解に苦しみます。その8年間に500本/年ずつ継続生産してくれていれば、現在もこの世に4,000本前後のバーストが存在しているはずです。生産本数でいえばファイヤーバードⅤのほうがよっぽど貴重かつ高額になっていたかもしれません(笑)ファンとしては複雑な心境です。

さて内側右ページにはレスポール・スタンダード・ゴールドトップとカスタムが掲載されていますが、カスタムのヘッドロゴなどは、どう見てもプロトタイプというか、やっつけ仕事のようなインレイになっていて不思議です。ロッドカバーも本来は「Les Paul Custom」と刻印されているはずですから、ちょっとレアなスペックでしょう。

なお当時のディーラー用ガジェットを見るとパーツはクロームで、ABR-1のサドルはプラスチックになっています。とにかくSGモデルに満足できなかったミュージシャン達からはレスポール・モデルの復活は温かく受け入れられ、その後Deluxeや71 Reissueへとつながっていきます。

最後に、昔の音楽雑誌に掲載されていたManiac Guitarというコーナーで、65年のレスポール・モデルが紹介されているので見てみましょう。これは俗に「クラウンインレイLP」と呼ばれるモデルで、SGスタンダードなどでもおなじみのクラウンインレイが入れられており、すでにレス・ポール氏とのエンドースメント契約が切れていた時期だったことがうかがえます。

Vintage Maniacs Fair

投票用記事番号は 3710 です

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

Vintage Maniacs復刻Zipカバー

1952年に誕生してから60年が経つレスポールの歴史において、もっともレアで貴重といわれてきたアクセサリーが、Zipper Case Coverです。カタログでは、1956年にZC-LPという型番で登場して以来、常にラインナップされていながらも、これまで現存するものがほとんど確認されていないというレア中のレア・アイテムでした。

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ