ギブソンEB-1ベース - フルセットのコレクション

ギブソンのエレクトリックベースのなかでもマニアックに人気が高く、実用性もピカイチの名器がEB-1です。ボディの厚みや重厚なネックジョイントから繰り出される低音のギブソンサウンドは、オールラウンドのフェンダーベースとは一線を画したロックな重低音といえるでしょう。

投票用記事番号:3104

ギブソンのエレクトリックベースのなかでもマニアックに人気が高く、実用性もピカイチの名器がEB-1です。ボディの厚みや重厚なネックジョイントから繰り出される低音のギブソンサウンドは、オールラウンドのフェンダーベースとは一線を画したロックな重低音といえるでしょう。

今回ご紹介するのは筆者が大学生の時にオリジナルオーナーから譲り受けた、第3世代の復刻バージョンです。当時の領収書なども含めてフルセット揃っていますので順番に見ていきます。

まず弦楽器のケースとしては、縦長でちょっとヘンテコな純正ハードケースです。

横でも縦でも変な形は変です。

フチの部分は、ぜいたくにもリアルレザーですね。

しかし当時このベースに寄せるギブソンの期待があらわれています。落とし込みも見事。

初代のモデルよりも力が入っているかもしれません。

レシートをみると、このベースが「E.U. Wurlitzer of Boston」で1972年2月10日に新品で販売されたのがわかります。当時の価格が350ドルですね。

ちょっとE.U. Wurlitzerについて調べてみたら、1999年に倒産して7か所のショップを閉店していました。
E.U. Wurlitzer Music and Sound - Wikipedia

そのお店のOB店員さんたちのFacebookページがあります。貴重な写真が掲載されていて面白い。

さて他の付属品ですが左から、使用弦のゲージタグ(裏面に価格メモ)、Diamond Jubileeタグ(ふつうは女王即位60年を祝うときに使いますがアメリカでは75周年)、レシート、そしてケースキーの袋です。

使用弦のゲージタグ
ゲージタグ裏面の価格メモ
Diamond Jubileeタグ
E.U. Wurlitzerのレシート
ハードケースのキーが入っていた袋

このEB-1ベースは、一番最初に復刻されたバージョンが完売したことからギブソンが追加生産したロットなので、ヘッドのロゴがマスキングではなくインレイです。

ロットによって違うGibsonロゴ
囲み内はマスキングロゴの初期復刻版

アップライト的に使するためのスタンドバーが標準で付属しています。

スタンドバーは次の画像の部分に差し込んで使います。

ペグはMade in W.GermanyのSchallerでG刻印。随所に豪華でEB-1というモデルが、復刻に値するサウンドとスペックを持ち合わせていたことがうかがえますね。

最後になりますが、トラスロッドカバーの彫り文字がなんとも素敵です。EBって、Electric Bassの略なんだ(笑)

Vintage Maniacs Fair

投票用記事番号は 3104 です

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

Vintage Maniacs Metal Thunder Pickup

ヴィンテージ・ギブソンのベースサウンドを追及し、ロックでモダンな70年代を再現する、ファンキーなピックアップです。1976年に突然復刻されたギブソンの名器「建国200年サンダーバードベース」に照準をあわせた図太い重低音をお楽しみください。ピックアップの他にも、サンダーバード用のパーツを取り揃えております。

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ