トフィーブラウンのSGやストップテールピースのSGは、本当にあったのか?

SGはファイヤーバードなどにくらべ、意外とカスタムカラーが少ないモデルのギターです。その中でも突出してレアな、トフィーブラウンのSGを紹介します。

投票用記事番号:2746

トフィーブラウンのギブソンSG

ギター・マガジンのSG特集(2016年10月号)や、Tony Baconの「The SG Guitar Book」で近年再注目されているGibson SGモデルですが、どの雑誌の特集を読んでも言及されないのが「トフィーブラウン・フィニッシュ」と「アーティストケース」です。

SG特集が掲載されたギター・マガジン

Tony BaconのThe SG Guitar Book

トフィーブラウンは60年代後半から「再生産のレスポール・ゴールドトップ」のバックに採用されたカラーとして一般的ですが、70年代中期になると、一部のSGモデル(ProやDeluxe)でみられるようになります。アーティストケースは70年代のカタログに写真入りで登場しているのにレアで、実際に流通していた数は限られていたようです。

ギブソンのアーティストケースが掲載されたカタログ

SGはファイヤーバードなどにくらべ、意外とカスタムカラーが少ないモデルのギターです。その中でも突出してレアな、このカラーを画像で紹介してみましょう。

トフィーブラウンのボディバック

バックから見ると、同年代のGuild S-100や、B.C. Richのナチュラルに似ていますね。

Guild S-100のカタログ

ギブソンSGとBCリッチ・シーガル

76年に復刻されたエクスプローラーや、74年のナチュラル・フライングVにも通じるところのあるカラーですが、ナチュラルとトフィーブラウンでは下地のフィラーが違う印象です。

ナチュラルフィニッシュのエクスプローラー

ナチュラルフィニッシュのフライングV

近くで見ても木の導管がみえない、まったりした仕上がりになっています。

トフィーブラウンの仕上がり

次の画像はレアなストップテールピース仕様です。70年代は、バットウイング・ピックガードのSGスタンダードにはロング・ヴァイブローラが標準搭載でしたから、ストップテールピースやビグスビーは特別仕様でしょう。

特別仕様のギブソンSG

ストップテール仕様のレアなSG

ロッドカバーには「CUSTOM」の文字があります。

SGのヘッドストック

CUSTOMの文字が入ったロッドカバー

ネックジョイントやバックパネルなどをチェックしてみても、おおむねスペックは通常のStandardと同じでした。

SGのネックジョイント

SGの指板とピックガード

SGのブリッジとテールピース

SGのバックパネル

SGのネック

もともとトフィーブラウンがアーティストケースとセットで店頭販売されていた訳では無いのですが、筆者の個人的な趣味で、コレクションとして保管する際にはこの組み合わせにしています。

トフィーブラウンのSGとアーティストケース

クラプトンのサイケなSGに似合いそうなこのアーティストケースも、ギブソンに復刻してほしい限りです。

ギブソンに復刻してほしいアーティストケース

Vintage Maniacs Fair

投票用記事番号は 2746 です

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

待望の復刻を果たしたギブソンのヴァイブローラ

ギブソンのハードウェアにおいて、ひと際美しい形状を誇っているヴァイブローラ。ビグスビーにも通じる美しい音色で人気があります。単品での入手が難しいヴァイブローラをニッケル、クローム、ゴールドのラインナップでご用意しております。

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ