GibsonのABR-1を時期ごとに比較

gibson-abr-1-01

GibsonがヒスコレのABR-1をノンワイヤーで復刻したのは、エポックメイキングでした。当時は、弦切れの際にサドル・スクリューの脱落を防ぐ目的でワイアーが付加されたのはGood Ideaだったにも関わらず、ヴィンテージ復刻の観点からデチューン(改悪)するところにマニアの真髄があります。今回は、復刻したGibsonのノンワイアーABR-1と、ヴィンテージABR-1前期・後期、そして、Patナンバー入りとなった時代の個体をみながら、全体の特長をチェックしていきます。

gibson-abr-1-02

gibson-abr-1-03

gibson-abr-1-04

テールピースと異なり、ABR-1は金型の段階で概ね完成形に近い印象を持っています。サドルの入る溝は、メッキのノリの厚みによって、若干の誤差があるため、スクリューが入り辛かったり、落ちやすかったりします。

gibson-abr-1-05

メッキの上からでも、金型の凹凸やざらつきが視認できます。

gibson-abr-1-06

同時期のABR-1を比較してみましょう。一番下は、60年代のSGLPに搭載されている、バイブローラ対応のABR-1です。チューニングが安定するよう、丁寧なグラインダー作業が施されています。下から二番目が59年レスポールに搭載されているABR-1、その上は60年カスタムに搭載されているABR-1です。左右のポスト穴周辺のバフ仕上げは個体差があり、見た目の印象が異なります。初期は加工が丁寧です。一番上は、クロームメッキに移行したABR-1で、Patナンバー移行前の63年前後のタイプでレアです。

gibson-abr-1-07

60年代初期には、ABR-1と並行して、Patナンバーが付加されたバージョンが登場します。底面印字部分が抜き型になっているので、本体のシェイプは概ね踏襲しています。この時期は、Pat Number Versionにも、ABR-1 Versionにも、ニッケルとクロームが見られる過渡期になります。ニッケルメッキの錆び方は特徴的で、下地処理が不完全ゆえ、浮いてきているのが判ります。ヒスコレで見事にノンワイアーABR-1を復刻したギブソンには、ぜひユーザーフレンドリーの観点から「予備のスクリューとサドルを、1個ずつ」標準付属品としていただきたい限りです。

gibson-abr-1-08

60年代初期には、ABR-1と並行して、Patナンバーが付加されたバージョンが登場します。底面印字部分が抜き型になっているので、本体のシェイプは概ね踏襲しています。この時期は、Pat Number Versionにも、ABR-1 Versionにも、ニッケルとクロームが見られる過渡期になります。ニッケルメッキの錆び方は特徴的で、下地処理が不完全ゆえ、浮いてきているのが判ります。ヒスコレで見事にノンワイアーABR-1を復刻したギブソンには、ぜひユーザーフレンドリーの観点から「予備のスクリューとサドルを、1個ずつ」標準付属品としていただきたい限りです。

gibson-abr-1-09

gibson-abr-1-10

gibson-abr-1-11

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

Art of Aging Gibson ABR-1 Bridge Non-wire

Vintage ManiacsがCrazypartsのAndy Nowakと共同でプロデュースするArt of Aging Series。手軽にパーツ交換できる身近なドレスアップとしてよりカジュアルな楽しみを提供します。

ショップで見る
サイトナビゲーション
記事カテゴリー
記事をタグで検索
Vintage Maniacs Official Shop
#vmhangout