ギブソン・フライングVベース - あり合わせの傑作

59年に登場し67年に復刻されるまで、遠く忘れられていたモダンデザインのフライングVは、71年のメダリオン、80年代のブロックポジションなど数々の変遷を経て、いまなお最前線で活躍するデザインです。一方で、これだけ斬新なデザインで成功したVシェイプですが、ベースとして登場するのは、ずっと後の80年代になります。

そのフライングVベース、実は2012年にこっそりと復刻されていたのですがご存知でしょうか?

ギブソンのサイトに掲載されたフライングVベースとリッパーベース

同時にリッパーベースも復刻されていて、Vヘッドの復刻ですね。今回はそのフライングVベース元祖、80年代を見てみましょう。

寄せ集めっぽい出で立ちのフライングVベース

このヴィンテージのフライングVベースは81年前後に突然登場して、あきらかに“なんか寄せ集めっぽい”出で立ちのデザインで世間をあっと言わせました。カタログで見た記憶がなく、当時は使っている人もほとんど見ませんでしたね。記事のはじめにも掲載している画像は81年のギターとベースを並べてみたところです。

ベースのヘッドストックを見てみると、ギターのしゃもじヘッドとは似て非なるシェイプなのがわかります。

これは73年から83年まで製造された人気ベース「Ripper」シリーズからの流用(というかRipperのヘッドがVからの流用?)のようです。もしかしたら在庫過多のネックやパーツを使い、人目をひくVシェイプでパーツの消化を図ろうとする、ギブソンのマーケティング部門の安易で浅はかな産物なのかもしれません。

いろいろなリッパーベース

個人的にはサンダーバードにも匹敵する、かっこよくてステージ映えするデザインだと思います。自立するし。

では細部を見ていきましょう。

フライングVベースのネック

ネックは3ピースで、サウンド的にはリッパーベースに似たタイトでジャジーな感じです。

ネックジョイントだけ見ると、すぽっと抜けそうに適当な設計でぎこちないです。

この角度はVっぽくていいですね。

リッパーベースと同じピックアップ

ピックアップはリッパーの3点止めを流用しています。

ここらも安易なところがバレバレです。裏側から見てみるとエポキシで固めてあって、重低音がハウリングしないようライブ向けに考えたんだな…と。

同じ時期に8ポールピースの3点止めもあったのですが、フライングVベースの場合は4ポールピースが採用されました。


ブリッジもフェンスも、まあとにかく余ったパーツで構成されています。

解説しようにも説明どころがなくて、なんで丁寧にバインディングを入れたのか不思議なくらいです。

コントロールもギターと同じレイアウトですから、これでベーシスト大丈夫か?って。

こんな感じなので、使っているミュージシャンをググってみても古今東西画像が出てきません。今でこそイエモンのHEESEYさんにぜひ使っていただきたい、レトロなギブソン・ベースです。

余談ですが、ブリッジの裏に前オーナーのソーシャル・セキュリティーナンバーが刻まれていました。昔は盗難防止にヘッドの裏とかいろんなところに、電話番号やらなんやら書いてありましたね。突然日本から連絡したらびっくりするだろうなあ。

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

Vintage Maniacs French Toast

The HystericParts(Area59)から4年の歳月を経て、素材も新たに「Vintage Maniacs French Toast」の復刻です。当時クリームパーツで唯一ジャックプレートと同一素材で作られた、デッドストックのネックバインディングを色見本にし、限りなくオリジナルに近づけたセルロースの質感をお楽しみください。

ショップで見る
サイトナビゲーション
記事カテゴリー
記事をタグで検索
Vintage Maniacs Official Shop
#vmhangout