トラスロッドカバーかく語りき 前編 その1

ギブソンのトラスロッドカバーは、アーティストモデルや特注モデルのために作られたタイプも多く、たくさんの種類があります。この特集ではトラスロッドカバーの多彩なバリエーションやマニアックなポイントを全8回連載でお届けします。

投票用記事番号:6957

8回連載のトラスロッドカバー特集スタート

Vintage Maniacsいよいよ、ご自慢のコレクションを見せびらかす時がきましたね。

Fukazawa Vintage Clubあいかわらず嫌味だな。

VMだいたい、何枚もってるんですか?トラスロッドカバー。

FVカラマズーのデッドストックを入れたら数えきれないが、種類で言えば、まだ全部は揃ってないよ。

VM大事な「The Les Paul」のウッドプライのを手放して後悔してるんでしょう?

FV昔の話だから掘り返すなよ。

VMロッドカバーは8回連載ですから、気を抜かないでくださいね。

ギブソンのパーツカタログ

VMこれは70年代のギブソンのパーツブックです。

FV定期的に配布というか、販売店向けに有償頒布していたバインダーだ。中を開くとパーツの写真や部品番号が載っていて、オーダーするときに使ったんだろう。

VMジャズギターやアコギは、モデルネームをロッドカバーに入れるのが流行ったんですかね。

FVソリッドギターも、60年代は「Custom」や「Les Paul」などシンプルな文字が刻まれていたけど、70年代はモデル名も多いから、ディーラーが説明するときにスペックとモデル名を間違わないためだろう。

VMパーツ番号を見ると、ロッドカバースクリューの「#15050」がゴールドで、「#15051」がニッケルなのがわかりますね。

Futura、Invader、Spirit、Goddess

FVまずは、ネーミングからしてヒットしなかったモデル、Futura。

FVそして、姉妹機のInvader。

VMギターの紹介をせずに、どんどんいきますね。

FVいまはネット検索で簡単な画像ならすぐに出てくるだろう?Futuraは、ひとことで言えば缶切りみたいなシェイプのギターで、オレンジとかバハマブルーとか、おおよそギブソンっぽくないカラーが充実してた。カート・リンホフのFuturaとは違うモデルだよ。

VMInvaderはレフティですが(笑)Spiritって、LPTVみたいなモデルですか?トラ目のバースト仕様やバナナヘッドとか、微妙に脱線したデザインが多かったですね。

FV80年代はレギュラーモデルに差をつけるためにいろんなネーミングをしてたからね。Invaderは一見普通のレスポールシェイプでソリッドボディ。

VM次の2枚は近年のロッドカバーです。GoddessはブルーバーストとかパープルバーストのSGとレスポールがありました。透明なボビンのピックアップが特徴的でしたよね。

FVあ、Futuraもう1枚あったわ。

The SG

VM次はThe SG。ウォルナット材を採用した珍しいソリッドボディです。短命だったと記憶していますが、ロッドカバーのスペックは年代差がありますね。

FVその通り。日本では人気薄だったThe SGだけど、欧州では「こんないいギターを安価で作ったギブソンはすげえ!」って、雑誌レビューはベタ褒めだったから世の中わからんよな。それで追加生産するときにロッドカバーも手を抜いたんだろう。左の2枚は彫り文字だけど、右のはプリントだね。

VMおおおおお、確かに言われて気づいたけど、気づかなくてもどうってこと無いような…

入手が難しいロッドカバー

FVあんまりヘンテコなモデルのロッドカバーばかりじゃ、ロッドカバー特集の初回を飾るのにふさわしくないから、なかなか手に入らない3枚を紹介しておくよ。

FVラストは、ベルシェイプながら縦横ともにコンパクトサイズのバンジョー用だ。

VM楽しんでもらえましたでしょうか。この自慢話があと7回も続くと思うと心配ですが、Vintage Maniacsファンの方は、どうか大目に見てあげてください(笑)

FV失礼だな、君は(笑)

 次に読むなら

ギブソンのトラスロッドカバー
ギブソンのトラスロッドカバーは「ベルシェイプ」とよばれる釣鐘型の形状を基本にしつつも、時代ごとに少しずつ生産スペックが変化しているため、ギターの大まかな年式を比較するのにわかりやすいパーツでもあります。
Vintage Maniacs Fair

投票用記事番号は 6957 です

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

目指したのはPAFっぽい音ではなくPAFそのままの音

Vintage Maniacsが知見を結集しプロデュースする、ヴィンテージ・レプリカ・ハムバッカー「Hysteric PAF」。伝説のPAFサウンドをあなたへ!

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ