フライングVのトラスロッドカバーとレイズドロゴ - トラスロッドカバーかく語りき 前編 その2

シリーズ第2回となる今回はフライングVに注目。なぜかスクリュー穴のずれた不思議なロッドカバーのお話の他、フライングV2やエクスプローラー2用のちょっと変わったカバーもご紹介します。

投票用記事番号:7137

穴の位置がずれているフライングV用ロッドカバー

VM(Vintage Maniacs)やってきました、フカビン(Fukazawa Vintage Club)自慢の時間です(笑)

FV(Fukazawa Vintage Club)今回、ちょっと整理が悪くって、フライングVのロッドカバーがこれしかなくてスミマセン。

VM一応、年式別には見られますね。

FVいやいや、60年代後期と70年代後期が無いので、比較してもちょっと面白くないかも。

VM倉庫からギター出してくればいいじゃないですか。

FVギブソンのフライングVに搭載されてきたロッドカバーの特長は、なぜか3点止めの一番上のスクリュー穴が右にずれている事なんだよ。

VMわざとやっている感じがしますね(笑)

FV私もそう思うよ。

フライングV用ロッドカバーの変遷

FVまずは80年代初期のロッドカバー。しゃもじヘッドだな。この頃は、まだ左右のくびれがなだらかで、細見の印象を受ける。クローズドオーだ。

VM70年代後期までオープンオーですから大きな変化です。

FVそうそう。なんで箔押しのロゴまでシェルロゴに準ずる必要があったのか。

VM次のロッドカバーは結構めずらしいですね。オープンオーでもないし。でもロッドカバーのシェイプ自体はスリムではないです。

FVで、もうひとつ。クローズドオーなのにワイド。混乱するだろ?(笑)

VM90年代になるとまあまあ落ち着いて、オープンオーのオーソドックスなロゴに変更される。行ったり来たりですが…

わかりやすくなったギブソンのパーツカタログ

FVこのパーツカタログ・バインダーは、80年代に入ってから。パーツの部分と部品番号がわかりやすく、ギターの写真入りに変更されている。

FVある意味、各段に分かりやすくなっているけど、この頃にはモデル数やニューデザインのパーツが多すぎて、誰が荒井貿易で管理していたんだろうと不思議に思う。今の時代みたく、WMS(Warehouse Management System)なんて導入されてないだろうし。

ギブソンの技術を結集したV2とE2

VMもっと変なロッドカバーは無いんですか?

FVこれとか?

VMうひゃー。PRSのサンタナ・モデルみたいな文字が…

FVアレンビックに対抗してギブソンがハンドメイド技術を結集した、Flying V ⅡとExplorer Ⅱだね。このヘンテコ・ロッドカバーを見ても、いかにギブソンがこの「ロッドカバーまでカスタムメイドしたギター」に期待したかがわかる。

VMギターの画像があるよりも、想像するほうが面白いですね(笑)

ヴィンテージのレイズドロゴ

FVフライングVといえば、レイズドロゴも忘れられないぞ。

VMこれ、全部ヴィンテージですよね。

FVもっとあるよ(笑)だって考えてごらん、50年代のフライングVなんて数えるほどしか作ってない。コリーナのラップスティールだって本数は6弦ギターに比べれば微々たるものだ。金型で成型したプラスチックパーツが大量にあまるのは当然だろう。

VMゴールドかと思えばクロームだったり、レイズドロゴは不思議っす。

 次に読むなら

トラスロッドカバーかく語りき 前編 その1
ギブソンのトラスロッドカバーは、アーティストモデルや特注モデルのために作られたタイプも多く、たくさんの種類があります。この特集ではトラスロッドカバーの多彩なバリエーションやマニアックなポイントを全8回連載でお届けします。
Vintage Maniacs Fair

投票用記事番号は 7137 です

掲載されている文章および画像の無断転載・引用(ソーシャルボタンは除く)は固くお断わりいたします。

 Vintage Maniacs Shopのおすすめアイテム

目指したのはPAFっぽい音ではなくPAFそのままの音

Vintage Maniacsが知見を結集しプロデュースする、ヴィンテージ・レプリカ・ハムバッカー「Hysteric PAF」。伝説のPAFサウンドをあなたへ!

ショップで見る
Vintage Maniacs 公式Webショップ